肩こり・腰痛解消blog

肩こり、腰痛を解消するグッズを紹介していきます。 のぞいていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方で未病を防ぐ

肩や腰が痛くて病院へ行っても「異常なし」と診断された経験はありませんか?

これは西洋医学と東洋医学の病気の捉え方が違うからです。

西洋医学
体の状態を各パーツごとに捉えます。

体の不具合によって有効な治療法が異なりますから、病気の原因が特定できるものが得意分野といえます。

東洋医学
体全体の血の流れを重視します。

不具合が出ている部分ではなく、体全体の状態を改善すること不快な症状を取り除くことを目的にしますから、病気の原因がつかめない未病の痛みが得意分野といえます。

急性の痛みの時は病院、慢性の痛みには漢方などといった様に使い分けることが理想的だと思います。

漢方の総合サイト「漢方ビュー」では症状別の漢方の使い方や漢方の基本を解説してあるコーナーがありますので、一度見に行ってみてはいかがでしょうか。

自分の住んでいるところに漢方を扱っているお医者さんがいるか探したいという方は、利用してみてください。

応援していただけると嬉しいです。
ランQ

スポンサーサイト

テーマ:肩こり - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lumbago.blog26.fc2.com/tb.php/49-3dcb93bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。