肩こり・腰痛解消blog

肩こり、腰痛を解消するグッズを紹介していきます。 のぞいていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『気の持ちよう』で変化する痛み

肩や腰の痛みが気になってしょうがない。こんなときは精神的なストレスを抱えているときということはないですか?

痛みや快感を感じているのは脳ですから、精神状態によって脳が認知する度合いが違ってくるといわれています。

例えば、楽しい事をしているとき、集中しているときは、そのことに関心が向けられ精神的に充実した感覚を得ることができます。

逆に、落ち込んでいるときは痛みに関心がいってしまいます。

しかし、肩こり・腰痛にははとても個人差があります。

「気の持ちよう」ですべての肩こり・腰痛がの症状が軽くなるなら、ほとんどの人がなくなってもおかしくないですが、実際はそうではありません。

症状が重くなると会社を休まなくてはなりませんし、実際に僕の周りにもそういう人が結構いらっしゃいます。

問題なのは個人差を考慮せず、「肩こり・腰痛が気分転換で解決できる」という周囲の認識不足だと思います。

気分転換したり、気を紛らわすことで症状が軽くなるタイプの方は一般的に痛みが軽度の方です。

ある程度症状が重くなってくると「気分転換でなんとかなる」という言葉は全く意味がないと思います。

痛みの強弱を「心構えのレベル」にすり替えるのは意味が無いといえます。

つまり、「気の持ちよう」で普通に生活を送れるレベルなのか、そうでないのか自分の痛みのレベルを正しく理解することが大事だと思います。

応援していただけると嬉しいです。
ランQ

スポンサーサイト

テーマ:肩こり - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lumbago.blog26.fc2.com/tb.php/11-c4faecd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。